1. HOME
  2. 食べる
  3. オーナーはレモン系Youtuber ! ?レモン料理のお店「カプリ食堂」
食べる
カプリ食堂メイン

オーナーはレモン系Youtuber ! ?レモン料理のお店「カプリ食堂」

食べる

来店するだけで元気になれそうな、エンタメ食堂を目指して 

五条烏丸を少し上がったところにある、レモン色のお店「カプリ食堂」さん。店内は明るく、特に女性に人気のお店です。レモン料理ってどんなもの?噂によるとオーナーさんはYouTuberもされているとか。聞きたいことがたくさんありお話を伺いました。

カプリ食堂外観

『キューバ』→『真珠』→『カプリ島』→『レモン』に出会う 

――レモン料理のお店ってとても珍しいですよね。始められたきっかけは何ですか?

実は最初からレモン料理の店をしようと決めていた訳ではなかったんですよね。でもお店がしたくて、先にこの物件だけを決めちゃったんですよ。  

――えっ!始めからレモン料理でいくって決めてなかったんですね。

そうなんです。最初はイタリアンや和食の店も考えましたが、この界隈は「腕に覚えあり」なお店が多くて。やるなら何か独自性が必要だと思い、そこで思いついたのが元々好きだった「音楽」。実はミュージシャンもしていて、以前キューバ人とバンドを組んでいたんです。その影響でキューバを好きになり、最初はキューバ料理でいこう!と。 

カプリ食堂金森さん01

――最初はキューバ料理だったんですね。

そう。でもニッチすぎるので見送ることに。それからキューバから発想して探してみたんですよ。キューバって「カリブ海の真珠」って言われているので、「真珠」繋がりで探し、南イタリアの「地中海の真珠」と呼ばれるカプリ島を発見。そのカプリ島がレモンの名産地だったんです。このレモンとの出会いにピーンときました。主役じゃないところがいいなと。料理に合わせたらいろんな料理がレモン料理になるんじゃないかと思ったんです。それに意外と珍しいジャンルでしょ。 

カプリ食堂店舗内
レモンカラーを基調とした素敵な店内。コンセプトは、カプリ島にありそうなレストラン。

広島の瀬戸田レモンを使った自家製『塩レモン』が決め手

――ところでお料理ですが、種類が豊富ですね。どうやってレモンメニューを考えているのですか?

まさしくレモンを絞るような努力(笑)。料理のベースに使っている自家製の「塩レモン」でアレンジしています。例えばホワイトソースに加えたりとか。肝となる「塩レモン」には特にこだわっています。それは広島の瀬戸田で採れたレモンを使うこと。料理にはレモンを皮ごと丸々使うため、ワックスなどが使われている海外産のレモンは使いたくないんです。

カプリ食堂料理

――ドリンクだけでもすごいメニューの数で、どれを頼もうか悩んでしまいそう!

困るでしょ(笑)。お食事もドリンクもどれもおすすめですが、その中でも「チキンコンフィ」、ドリンクでは「レモンモヒート」は特にイチオシですね。

チキンコンフィ1,250円
チキンコンフィ1,250円
レモンモヒートと恋するレモン
写真左:レモンモヒート1,000円 写真右:恋するレモン800円

飲食店ももっとエンタメしようや! 

――「カナモレモン」の姿でYouTuberを始められた理由は何ですか?

飲食店って普通「食べ物を出す、飲み物を出す、お会計する、そしてありがとうございました」の繰り返しじゃないですか。それでいいんですけど、もっとエンタメしようや!と思ったんです。もちろん食べて飲んでがメインなんですけど、それ以外の面白いコンテンツがある店にしたかったんですよね。料理だけじゃないよって。なので YouTubeを始めました。ちなみにレモン好きを「レモンの民」と呼んでいます。

―― 金森さん(本名)が「カナモレモン」のキャラを生み出したきっかけは?

ある時、急にお客さんが僕のことを「カナモレモーン!」って呼んだんです。「いやいや、それを言うなら「カナレモン」でええやん」って思ったんですけど「モ」にひっかかりを感じて。これ面白いんちゃうかな…って。で、早速レモンのかぶりものを注文し届いたのがこのかぶりもの。女の子だと可愛いですけど、僕はおっさんなので、かぶったままだとエグミが出ちゃうんですよ。なのでサングラスをかけています。その辺の話は YouTubeのサブチャンネルで! 

カプリ食堂金森さん02

――いつも『カナモレモン』の姿でお店にいらっしゃるんですか?

残念ながら普段はしていないんですよね。お客さんに「今日、カナモレモンは?」と言われたら、かぶることはあるかもしれませんが。だって外から見た時にこの姿が見えたら怖いでしょう。「カナモレモン」のコンセプトは「おしゃれで面白キャラ」。店もレモンもおしゃれだけど笑えるみたいな。 

カプリ食堂メニュー表

来てくださるお客さんに、得して帰ってもらいたい 

――メニューの数もすごいですが、「毎日夜レモンイベント」などいろんなイベントを実施しているんですね。

いつも応援してくれるお客さんに、もっと楽しんでもらいたいと考えてたんです。平日も土日祝関係なく、どの曜日でも毎日お得で楽しく、来てよかったと思ってもらえるイベントをはじめました。他にもランチタイムの「昼のみ280円(税込)サービスメニュー」やテイクアウト、「ハッピーアワー」もありますよ。

――カプリ食堂の今後の展望はありますか?

全国展開も考えていますが、一番は「安心感」を与えられる、地元に根ざした名店になること。これは僕が飲食店をやる前に、いろいろな経営者の方に教えていただいた考え。まずは近所の方にいつでも安心して楽しんでもらいたい。子供の頃に来て楽しいって思ってくれた子が、大人になっても楽しんでもらえるような店にしたいですね。

――それでは京都の『レモンの民』に向けて一言!

「ついにこの時がやってきた。我々のパーティーの時間です。立ち上がれレモンの民!」 
要するに、レモン好きさん「カプリ食堂」に寄っといでってことですね。それと、 YouTubeのカナモレモンちゃんねるも随時更新していますので、ぜひ見てくださいね。

カプリ食堂金森さん03

お客さんを楽しませたいという根っからエンターティナーのカナモレモンさん。最近は噂を聞きつけて、東京など遠方からも来られるお客さんもいらっしゃるとか。取材中、笑いが絶えませんでしたが、レモンやお店のことには真剣に話されるのが印象的でした。なお、2号店の今出川店にも顔を出されるそうですよ! (文:上山/写真:木村)

カプリ食堂金森陽平さん(カナモレモンさん)

カプリ食堂 オーナー
カナモレモンさん(金森 陽平さん)

1980年生まれ。ミュージシャン、ウエディングの二次会会場のマネージャーを経て、2016年12月17日「カプリ食堂」オープン。また、2018年11月22日には「カプリ食堂二号店~LIMONE VERDE~」もオープン。カナモレモンの名でYoutuber としても活動中。趣味はキューバのラムと葉巻。

カプリ食堂 五条店

京都市下京区大堀町479 1階(烏丸万寿寺北東角)
TEL 075-708-8870
定休日 無し
営業時間 ランチ/11:30~15:00 ディナー/17:00~23:00(LO 22:30)
https://capri.red/
Youtube カプリ食堂TV カナモレモンちゃんねる
https://www.youtube.com/channel/UCJPeKIbkOOqqank8PUvBlsw/featured